シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

葬儀に参列して考えた、ライターにとって大切なこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

お辞儀する女性

葬儀に参列したときのこと。

さまざまな方のお辞儀やお焼香を見ていると、あることに気がつきました。しなやかに頭を下げる方や美しくお焼香する方がいる一方、どこかぎこちない動作を見せる方がいるのです。

こうした違いが生まれるのはなぜだろうか。自分の振る舞いを省みながら考えました。

「基本ができているかどうか」

結局は、これに尽きるような気がします。

お辞儀には、基本とされる「型」があります。これを学び、意識的に繰り返し練習する。この過程を経てきた人と無頓着に過ごしてきた人とでは、立ち居振る舞いに差が出て当然です。

万年筆

ここまで考えて、「これはライターの世界でも同じだよなあ」と気づきました。

文章にも「型」があります。わかりやすく伝えるために、先輩たちが途方もない時間をかけて作り上げたものです。この通りに書けば、ある程度仕事として成立する原稿が書けるはず。

新人ライターさんのなかには、ここを意識していない人が多くいるようです。ネットには、参考になる原稿がいくらでもアップされています。また、「記者ハンドブック」(共同通信社)などの書籍にも、さまざまな記事サンプルが載っています。素晴らしいお手本が山のようにあるのに、活用しないのは本当にもったいないと思います。ライターとして活動するのなら、まずは基本をしっかり身につけることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする